ハウスクリーニング,掃除,日本ハウスクリーニング協会,社会貢献活動

当協会について アクセス情報 スクール(開業) メディア紹介例 ボランティア活動 協会員一覧 お掃除のご依頼 サイトマップ

ハウスクリーニング協会TOPへ

当協会の社会貢献活動

ハウスクリーニング、お掃除の
NPO法人
日本ハウスクリーニング協会(R)

〒169-0079
東京都新宿区百人町1-20-17
星野ビル103
事務所 〒115-0055
東京都北区赤羽西1-29-5
TEL 03-3366-1943(代表)
FAX 03-5963-5740
E-Mail info@jhca.or.jp

 

 

 

日本ハウスクリーニング協会が『エコ』洗剤を使用する理由

ハウスクリーニング協会環境への取組 ◆ 地球環境のために
  お客様の財産の保全のために
  従業者の健康維持のために

私達はこれからも、地球環境のために
出来ることを考え、
「天然『エコ』洗剤」の普及活動を行っていきます。

NPO法人日本ハウスクリーニング協会

日本ハウスクリーニング協会が天然成分100%の『エコ』洗剤を使用する理由

ハウスクリーニングの現場で、早く汚れを落とし仕上げるためには、石油系の強酸や
強アルカリ洗剤を使用しがちです。

未だ大多数の掃除業者が石油系の強酸や強アルカリ洗剤を使っています。
それらに従事して作業している70%が化学物質過敏症(洗剤アレルギー)と
言われています。中には片目を失明した人もいます。

例1 エアコンクリーニングで使用する 強アルカリ洗剤について

アルミフィン用洗剤使用例左の写真は、エアコンクリーニングでよく使用する強アルカリ洗剤を、アルミ缶の中に入れ約30時間(1日半)置いた写真です。


強アルカリ洗剤がアルミを溶かし穴を開けてしまっている様子がよくわかります。
これほどの強い洗剤が、日常作業で使われているのです。

例2 ハウスクリーニングで使用する強アルカリ洗剤について

苛性ソーダ使用例 苛性ソーダ使用例

レンジフード等の掃除に、多くの業者の方々が苛性ソーダを利用しています。
強アルカリ洗剤によって変色したレンジフードの写真です。

主婦の約9割が「環境問題に関心あり」

近未来の暮らしとエネルギーを主婦たちが研究する『ハイブリット ライフ・ラボ』が行った、環境に関するアンケート結果が読売新聞に掲載されました。その結果、約9割の主婦が地球環境問題に高い関心を寄せていることが判明しました。

日本ハウスクリーニング協会の取り組み

「地球環境問題に関して、私達に出来ることは何か?」と協会では考えました。
私達は、ハウスクリーニングの専門家の集まりです。まず、ハウスクリーニングの作業の中で、地球環境のために出来ることはないか。またハウスクリーニング作業を行う作業者や、お客様の健康のために出来ることはないか、と考えました。そこで、ハウスクリーニングに使う洗剤の見直しに取り組むことにしました。